お客様に気持ちよくご利用していただく

必ずお客様はリピートしてくれる

居酒屋にとってお客様に気持ちよく利用してもらうということはとても大事なことです。
どうすればお客様がまた来店してくれるのかということを考えなければいけません。
清潔感あふれる店内でなければいけませんし、接客やサービスも重要です。安売りのチラシを入れる居酒屋がありますが、チラシを入れることはあまりお勧めの集客方法ではありません。
安売りをして集めるよりも、しっかりと日々接客をしていれば必ずお客様はリピートしてくれるのです。
そしてお金の渡し方の基本がなっていない人が今は多いといわれています。
お金を受けるお皿、これをカルトンといいますが、ここに授受をするのが一般的です。
もしカルトンがないのなら、手盆で失礼しますと一言声をかけてレシートを手のひらに乗せてから、お金が直接手に触れないように配慮しなければいけません。
しかし人によっては手のひらにお金を置いてレシートを乗せるのが正しい方法だと思っている人がいるのですが、それではリピート客はつかないでしょう。きちんとお金の受け渡し方をマスターしましょう。

清潔感を保つ

そして店内の清掃についてですが、清掃はとても大事です。
掃除をしていればお客様は必ずまた来てくれます。
どんなにおいしい居酒屋で、安くて利用しやすかったとしても、掃除が汚ければ着てくれません。
掃除はお客様が帰ってからするのももちろんですが、お客様がいらっしゃるときも手が空けば汚れているところを中心にしてきれいにするべきですね。
常に手を止めずに時間が空いたら掃除をするという気構えでいなければ、清潔感を保つことができません。

そして注文された品を配膳するときですが、よほどのことがない限りは手から手は渡してはいけません。
なぜなら手から手はとても失礼に当たる行為だからです。
置く場所がなくて仕方なく受け取ってもらうならわかりますが、できればテーブルの上におくようにしましょう。
手から手に渡すことは失礼に当たるということは覚えておきましょう。
そして店員の服装は意外とお客さんからすると見られているので、店員全員の服装チェックはしっかりと行ったほうがいいですね。
若いからといって、居酒屋のアルバイトだからといって、腰パンツ、肌を見せながら働いているなどありえません。それがそのときの流行だと入ってもそれは良くありません。
居酒屋のユニフォームを黒に統一しているところも多いのですが、清潔感を出すためには、白いTシャツにしたほうがいいでしょう。エプロンも汚れが目立たないようにしているのでしょうけれど、清潔感を出すためには黒よりも白です。