居酒屋の照明が暗い理由

素朴な疑問として多い事

居酒屋の店内に入ると明るい照明よりも、薄暗い照明になっている店舗が圧倒的に多いですよね。
なぜ居酒屋の店内はこんなにも暗いのだろうか?と疑問を持っている方も多いですが、実はお客さんを呼びこむための巧みな集客術が隠されています。

参考:居酒屋の照明はどうして暗いの?

ゆっくりと楽しんで欲しい

照明を暗めにしている居酒屋が多いのは、きちんとお客さんの心理を考えています。
居酒屋は一人で訪れても、大人数で訪れても楽しめるお店作りを心がけている店舗が多いです。
せっかく来店してくれたお客さんがゆっくりと過ごしてもらえる空間を作りたいとして、わざと照明を暗くしている意図があります。

照明を暗くすることで得られるメリットは、ゆっくりと落ち着いて飲食を楽しんでもらえる事があげられます。
どっしりと腰を据えてできるだけ長い時間飲食をしてもらいたい。
隠れ家的な居酒屋としてお客さんに認識してもらうことで、また来店してもらいたい。
などの理由があると考えられます。
リピーターを増やすことで売上をアップさせたいと考えている居酒屋の場合は、照明を暗くしている場合が多いです。
逆に、店内を明るい照明にしている居酒屋の場合は、お客さんの回転率を上げて売上を伸ばしたいと考えていると思われます。

もうひとつは特定の客層をターゲットにしている場合があります。
照明を暗くしていると、他のお客さんの目が気になりにくい特徴もあります。
あまり人からジロジロ見られずに、ゆっくりと飲食を楽しみたいと考えているお客さんからは、照明が明るいよりも暗い方が良いと考えている場合が多いです。
どちらかと言うと大人数向けではなく、カップルが二人きりの時間を過ごすデートの場として使って欲しいとの意図で照明を暗くしている場合があります。

居心地の良さをアピール

居酒屋といっても店舗によって様々なコンセプトがあります。
照明が明るい店内は年齢や顧客層を問わずに集客したいとの意図があると考えられますが、照明が暗い場合はおしゃれな雰囲気を演出しながら居心地の良さをアピールしたいと考えている場合があります。
訪れたお客さんが「あの居酒屋さんはとてもおしゃれで、居心地が良かった」という評判を流してくれると、居心地の良さを求めるお客さんが噂を聞きつけてやって来てくれます。
明るい居酒屋はどうしても騒がしいというイメージを持たれているため、居心地の悪さを感じやすいものです。
他の店と差別化を図るためにも、照明を暗くすることでお客さんに居心地の良い空間を用意しているとアピールしています。

人によっては暗い方が好きという方もいれば、明るい方が良いという方もいます。
それぞれの好みがありますが、できるだけゆっくり過ごしたいと考えている方は暗い照明が良いと考える方が圧倒的に多いです。