居酒屋のリピーターを増やす集客術

広告や宣伝の方法

居酒屋業界は現在どちらかというと縮小傾向にあり、広告や宣伝の方法には日々工夫を重ねていかなければいけません。

最近では若い世代の人は飲食をする場所探しに当たり前にインターネットや携帯電話を使っているので、インターネットを使った集客方法は常識であると言えます。
しかし、全国規模のチェーン居酒屋であれば充実している自社のサイトも、小規模の個人経営のお店ではそれほど多く使われているわけではなく、そこにお客さんが入るようなお店であっても、自社独自のサイトは持っていないというところもあるようです。

居酒屋などの飲食店において大切なのは集客方法とともに、再度来店をして来てくれるお客さんを集めるリピーター獲得術です。
もしたまたま入ったお客さんがいても、次に来たいと思うときまで時間が相手しまうとお店の特徴や場所を忘れられてしまうなんてこともあります。
どうやって来てくれたお客さんにお店のことを印象づけ、再び来てもらえるようにするかは居酒屋営業の大きなキモといえます。

クーポンの配布

リピーターを増やす手段として、最も簡単なのが再来店時に使えるクーポンの配布です。
有効期限を設けたクーポン券を渡しておけば、背面に地図などを記載できるので、もしお店のことを気に入ってもらえれば、次の機会に別の友だちを誘って来てくれる可能性を高めることができます。

ポイントカードを使って金額ごとに割引サービスをするという方法もありますが、最近は居酒屋だけでなく小売店の多くがポイントカードを発行しているので、邪魔に思ったお客さんには捨てられてしまう可能性もあります。

また、来てくれたお客さんが満席で座れなかったという場合のために、次回来店をしてくれたらドリンクをサービスする券を配るという方法もよく使われています。
紙のクーポンやポイントカードを使った方法は、いちいち印刷やスタンプをしなければいけないという問題はありますが、手軽に始められる集客方法であると言えます。

新しくお店を作った居酒屋では、反対にインターネットを駆使した集客方法をとっています。

インターネットを使った集客の場合、お店の雰囲気やおすすめ料理をきれいな写真とともに紹介したり、「家族連れOK」「女性客に人気」といったような、呼び込みたい客層はどこかをきちんとアピールしたりします。

他にも、求人系や飲食店情報系サイトに登録をして、そこで絞込み検索ができやすくなるような工夫をしたりします。