居酒屋でのスタッフ採用について

仕事の内容

飲食業界の中でも居酒屋は人の出入りの激しいところと言われています。
通常夕方からの営業となっていることが多く、繁華街のチェーン店では翌朝始発時刻まで営業しているところもあります。
仕事の内容も体力が要求されるものが多いので、若い世代のしかも体力や時間に余裕のある人でないとなかなか長く続けることが難しいという事情があります。

現在営業中の居酒屋は大きく二種類があり、全国規模のチェーン店と、その地域内だけで小さく営業をしている個人店とに分かれます。
これから従業員を採用したいと思う人は、まずはどんなところでどんなふうに働きたいかを考えてそれにあった求人情報を集めていくことにしましょう。

数年ほど前までは飲食業界での社員やアルバイト探しの主流はフリーペーパーや求人情報誌でした。
求人情報誌にはそれぞれジャンル別のコーナーが設けられており、「飲食業」などに分類されるページに掲載されているお店情報から、自分が働きたい場所を見つけて直接連絡をするという方法が一般的でした。
ですが最近では掲載から実際に閲覧するまでに時間がかかるフリーペーパーよりも、すぐに求人情報を探せるインターネットの方に需要がシフトしていきている様子です。

ネット媒体の活用

インターネットを使った求人は10年以上前からも行われていたものの、飲食業界においては導入されるスピードは遅めで紙媒体からの求人の方が多く集まっていました。
しかし、最近になって応募層の若者によるインターネット利用が増え、ネット媒体が活用されるようになってきています。
例えば、フリーペーパーで有名な「DOMO」も現在もフリーペーパーの発行はしていますが、インターネット上でも求人情報を公開始めています。

他にも、インターネット専門で行なっている飲食の求人サイトや栄養士といった専門職についての求人サイトまであります。
参考1:栄養士の求人情報はフードキャリア
参考2:アルバイト情報なら株式会社アルバイトタイムス

今では企業や店舗のホームページは常識にもなっていますが、小さな店舗では自分のページを作る暇がなかなかないのも現状です。
なので、インターネット上に求人情報があってもそのお店のホームページがないために、応募する側がちょっとためらってしまうというケースがあったのかもしれません。

個人経営のお店の中には店舗内にインターネットができる環境がないため、ネット上での求人募集に抵抗があるという人もいるようです。
ですが今後は少しずつネットを使った集客方法や、求人情報を積極的に行うお店が増えてくるのではないかと思われます。

自社のサイトがまだ整えられないというお店であっても、求人専門に情報を取り扱うサイトを利用して募集をかけることもできます。
中にはお店の雰囲気やメニュー内容などを求人応募と同じページを使って紹介していることもあります。
専門サイトでは、お店を運営している人にも求職者にもサポートをしてくれる所もありますので、今後の採用に活用してみてはいかがでしょうか。