バーの歴史

バーという言葉の語源

バーの歴史ですが、今バーという名前が使われていますが、これは日本だけでなく世界で使われています。
バーがどのようなお店であるかということも大体は万国共通ですし、バーにはバーテンダーさんがいることも万国共通です。でもそもそもこのバーという言葉の語源はどこから来たのか気になりますね。
バーという言葉は1800年前後くらいから良く使われるようになったので、まだまだ歴史は浅いといってもいいですね。もちろん酒場の歴史で考えるとかなり長い歴史があります。

酒場、これに関係する文献で一番古いとされているのは紀元前1800年くらいにさかのぼります。ハムラビ法典、一度は聞いたことがある人もいると思いますが、ハムラビ法典に記載がありました。
酒場に関しての条文が掲載されているのですが、金品と酒を好感してその場で飲むスタイル、これが酒場だったようです。
その後紀元前1400年ごろに古代エジプトのパピルス文書にも酒場に関しての記録が残っていますが、記録が残っているだけなので、実際にはいつから酒場ができて、いつごろからバーになったのか、それははっきりとはわかっていません。そしてローマ軍が遠征をする際に宿泊施設を利用していたのですが、それはインと呼ばれていました。イン、これは現代のホテルのようなものです。

タバーンが進化して?!

そしてホテルができれば人がそこに集まり、その中にタバーンという現代でいうところのレストランができたのです。これが居酒屋の始まりとされています。
そして15世紀後半になってイギリスでビールだけを取り扱うタバーンとして、エールハウスが誕生しましたが、このエールハウスが今のバーだといわれています。
タバーンが進化してバーになったのでしょうか。

バーは今でこそ女性も男性も関係なしに利用していますが、その当時のバーは男性が仕事の帰りに立ち寄る場所でしたので、男性しか客はいなかったようです。
そしてバーに通う夫をあまりよく思っていなかったようで、居酒屋に行くとは言い出しにくくなって、隠語としてバーという言葉を使っていたという説もあります。
居酒屋の隠語としてバーという言葉を使って奥さんの目をくらまそうとしていたのかもしれませんね。

これがバーの歴史です。今ではバーはどこにでもありますし、ホテルの中にももちろんありますが、これほど昔からあったということは知らない人も多かったのではないでしょうか。
くつろげる空間ということでフランス語でサロンやサルーンなどという言葉で呼ばれていた時代もあったようです。居酒屋をバーと呼ぶようになったのは1800年前後といわれています。