異次元居酒屋

注目のスポット「ザ・ロックアップ」とは

ここ最近では、特定のコンセプトを持った居酒屋が増えてきていますが、中でも個性的であるとして大人気になっているのが監獄居酒屋の「ザ・ロックアップ」です。

「ザ・ロックアップ」は、もともと渋谷発の個性的なお店だったのですが、次第に人気が高まっていくにつれ現在では東日本~西日本に加え中日本エリアにも進出をしてきています。

かなり勢いがある居酒屋であることは確かなのですが、その理由となっているのは他のお店では絶対に見られないような特殊な装飾とインテリアです。

「ザ・ロックアップ」という名称が既に示しているように、そこを訪れるお客さんは擬似的に囚人ということになり、お店の中では牢獄に入れられた気分で飲食をしていくことになります。

ただ監獄といってもリアルな湿っぽくて暗いようなところではなく、もっとファンタジー色の強いまるでアトラクションのようなところになっています。

お店の壁には堅固な岩場がかたどられ、あちこちからは出られなかった人の躯がぶら下がっていたりするので、雰囲気たっぷりで楽しむことができます。

お店によって微妙に個性があるのもポイント

「ザ・ロックアップ」では、いくつかある店舗でそれぞれ微妙に異なった演出がされているのも特徴の一つになっています。

有名なのは渋谷店や新宿店など最も多く人の集まるところですが、地方都市などにあるお店ではそこそれぞれに創意工夫のある独自のサービスが展開されていたりするので注目です。

基本的な装飾コンセプトは同じなのですが、独自にサービスやコースも用意されていたりするので、関東近県など複数の店舗から選べるような人などはいくつかを合わせて利用しながら比較をしてみるのも楽しいかもしれません。

個性的なメニューにも注目

室内の装飾もそうですが、もう一つ見ておきたいのが個性的なメニューの数々です。

変わった居酒屋といえば注目のメニューがあるのが定番ですが、そうした並み居る他の居酒屋と比較しても軍を抜いて個性的なのがザ・ロックアップでのメニューです。

例えばカクテル類だけを見ても、ビーカーに注射器で出されてくる毒々しい色のものがあったり、若い世代に大人気のレッドブルをベースにしたものがあったりとかなりのはじけ具合です。

食べ物の方も、ドクロの形や十字架に盛りつけがしてあったり、血糊を表現したトマト風のものがあったりと頼んでから出てくるまでワクワクしながら待つことができます。