忍者がコンセプトの居酒屋

忍者好きにはたまらないお店

永田町にある秘密の隠れ家的存在の居NINJA AKASAKA」は、その名の通り忍者がコンセプトになっているお店として注目されています。
外観はビルの壁面に目立たないように「NINJA」というエントランスが設置されているだけなので、一見するとどんな店なのかわからないかもしれません。
まさに、存在を知られないようにひっそりと生活していた忍者に相応しい印象を受ける佇まいです。

店内も要塞のような作りになっていて、本当にここで飲食を楽しめるのだろうか?と不思議に思われるかもしれません。
とても複雑な通路になっていて、まるで迷路の中に迷い込んでしまったかのような印象を受けます。
店内に入ったお客様からは面白いと喜ばれているそうです。

実は、店内のデザインコンセプトは戦国時代の建築様式を忠実に再現したものになっています。
随分質素な作りだなと感じるかもしれませんが、これは当時の建物を再現したものなので本物の忍者屋敷だと錯覚しそうになるのも当然かもしれません。
自然を感じさせるモチーフが店内の随所に儲けられていて、滝や池が存在しており、耳を澄ませると虫の鳴き声や風の音なども聞こえてきます。
居酒屋で飲食を楽しみたいというだけでなく、日々の疲れを癒やしたいという時にもおすすめです。

このように五感を研ぎ澄ませることができ、快適なおもてなしを受けることができるお店として多くの人が来店しています。
芸能人、著名人も度々来店していることでも知られており、来店記念としてサインを書き残している人も多いです。
正確な名前はお伝えできませんが、グラミー賞を受賞したことがある海外の俳優や総理大臣を務めたことがある元政治家、誰もが知っているような有名歌手などが来店し、料理を楽しんだそうです。

なお、お子様の来店については夜間になると他に酔っているお客様が多くなることから利用できる時間が限られていますので、家族連れで来店する際にはあらかじめご注意ください。

参考:NINJA AKASAKA

開運の滝に注目!

店内に存在している滝や池は来店するお客様に開運の滝として親しまれています。
元々は忍者修行の滝として案内されていたそうですが、いつの間にか滝にお賽銭を入れるお客様が増えたため、お賽銭を日枝神社に納めるようになったそうです。
そのため、現在では開運の滝と呼ばれるようになり、何らかのご利益を求めてお賽銭を入れるお客様が絶えないそうです。

料理のイメージ

忍者がコンセプトになっているお店ということもあり、提供される料理は和食がベースになっている創作料理です。
厨房で料理を手掛ける「忍者」は、懐石料理だけでなくフレンチやイタリアン等様々な料理を網羅する職人が担当しているので、和食に限った料理だけではない事も大きな特徴になります。