晩杯屋

リーズナブルな晩杯屋

晩杯屋(ばんぱいや)とは、最近急成長をしている居酒屋チェーン店です。
誰もが気軽に一人で呑めるお店が欲しいという創業者の思いから生まれたお店であり、安くてコストパフォーマンスが高いということで人気を集めています。

元々は武蔵小山にお店がありそこから始まったのですが、今では中目黒や大井町、大塚といった場所へお店が広がっています。
どのお店でも入りやすいお店となっており、一見さんでも緊張せず入店して楽しめるようなお店となっています。
リーズナブルになるとどうしてもお店の風紀が悪くなる傾向がありそれを防ぐために細かくルールが設けられているのも特徴です。

晩杯屋の特徴

晩杯屋は最高の1軒目になれるように美味しいものを提供することへのこだわりが強く持たれています。
このような一件目で飲んで食べて気持ちよく次のお店へと送り出すようなお店は下地屋とも呼ばれており、晩杯屋は下地屋として最高のパフォーマンスができるように利益よりも最高に楽しめるお店にしようという努力がされています。

お店で提供する食品には特にこだわりが強く、価格からは想像できないクオリティの高さを求めてしっかりと調理がされています。
大きな特徴として、提供される料理のほとんどは既製品ではなく店舗で作られています。
そのためお店によって提供されているメニューが違うのも特色であり、食べくらべる楽しみも持てます。

さらに、ただうまい、安いだけでなく提供スピードにもこだわりを持っています。
朝からの仕込みはもちろん、来店する客数を予測して下準備を徹底して行うことで調理時間をいかに短縮するかという創意工夫がされています。

晩杯屋の魅力

晩杯屋の魅力はリーズナブルでありながら美味しいものが食べられるのはもちろんですが、昔ながらの居酒屋であることも大きいです。
店主や従業員がお店をうまく回転させるためにあれこれ研究をしていたり、お店の中で取り決めを書いた掲示をしていたりとお店の雰囲気が昭和の懐かしい居酒屋の空気なのです。
その居心地の良い小忙しく活発なお店の空気が気に入り常連客が従業員となっているということも多数あるくらいです。

もちろん価格は晩杯屋の最も強い武器です。
ビールを飲んで数品つまみを食べてというので1時間ほど過ごしても1000円を超えずに飲めることがあるというのは東京ではなかなかありません。

それだけリーズナブルでありながら美味しいというのはやはり多くの人から愛される理由です。
そこにお店の昔ながらの空気感が加われば、さらにコストパフォーマンスが高まりなん度も足を運びたくなるお店になるのです。
お店の雰囲気はすごく大事な点なので、そこを大事にして楽しめる状態を作って行きましょう。