狸小路(横浜駅)

横浜の隠れた飲みスポット狸小路

横浜といえばお洒落な街というイメージが強いものです。
みなとみらい地区のような昔からの港町のイメージよりも近代的な港のイメージを抱く人が多いものです。
そのため、横浜でお酒を飲むというとお洒落なバーや外国料理のお店のようなところを想像することが一般的です。

しかし、横浜でも昔ながらの居酒屋が立ち並ぶ飲み屋街があります。
それが狸小路です。

狸小路とは横浜駅の北口付近にある飲食街です。
小さな看板があるだけなので、初めて訪れる人は見逃してしまいそうなほど小さな通りです。

目印となるのは道路に面しているお寿司屋さんとラーメン屋さんです。
二つのお店の間にある通りが狸小路で、道の上には狸小路の看板がひっそりと立てられています。
路地を入ると10店ほどの飲食店が並んでいます。

この狸小路の名前の由来は北海道にある狸小路商店街が由来となっています。
もともと名前をつけたのは狸小路の中にあるラーメン店の先代で、北海道出身であったために同じ名前をつけようと考えたそうです。
以前一度西口飲食街に名前を変えた時期もあったものの、名前が浸透していたために狸小路に戻っています。

狸小路の楽しみかた

狸小路は10店舗ほどのお店のラインナップですが、どのお店も特徴があり魅力的です。
昭和の名残があるレトロな路地は歩いているだけでも良い気持ちになれます。
ロケで使われそうな昔ながらの風情はなかなか味わえないものですから、横浜でお酒を飲む機会があったら一度は訪れたいものです。

どのお店もこだわりがありますし味もサービスも満点ですから事前にリサーチをして気になるお店に足を運ぶのもオススメですが、実際に足を運んでからきになるお店にふらりと立ち寄ってみるのもオススメです。
一件でがっつりと長居することもできますが、あえて何軒か回って見たり、シメのラーメンを食べに立ち寄ったりということもできます。

地元の人であっても、観光や出張であっても横浜はご飯の美味しいお店もたくさんあります。
また、近くには横浜中華街もあるために夕食の場所には困らない場所です。

そのような地域だからこそ、2軒目の選択肢として狸小路を利用するというのもオススメな方法です。
ただし、狸小路も魅力的なお店が多いですからそれなりにお腹をすかせた上で来ることが望ましいです。

慣れてくれば帰り道に一杯だけ飲むために立ち寄ったり軽い食事のために立ち寄ったりという利用の仕方も出来る様になります。
中には居酒屋のシメのラーメンを夕食がわりに食べに立ち寄る常連さんがいるようなお店もあります。
しかし、それでは狸小路の魅力を楽しめないですから、最初にはそれなりに長めの時間滞在できるように小腹を空かせての2軒目や狸小路でのはしご酒という楽しみかたがオススメです。